塗り替え時期の目安

塗り替え時期の目安

建物は新築してすぐは綺麗ですが、徐々にいたみがはじまります。
素材の表面に太陽の紫外線や雨風が当たって、またホコリや空気中の有害ガス等が付着して、表面から少しずつ劣化していきます。

    

外壁や塗装面の劣化は、下記のような流れで進行します

軽度重度
  1. つやの低下
  2. 退色 (色あせ)
  3. 汚れの付着
  4. 藻、カビの発生
  5. ひび割れ
  6. 浮き、膨れ
  7. 塗膜の剥がれ
  8. 下地への漏水
  9. 下地の脱落、腐食

素材ごとの塗替え時期の目安

下に 素材ごとの塗り替え時期の目安を列記してみます。
あてはまる症状がある場合は、補修や塗り替えが必要かもしれませんので、詳しくはお問い合わせください

外壁の場合

  表面の保護で耐久性が向上
(塗り替え 適齢期)
素材や下地の修繕が必要
(改修 過労期)
モルタル 表面の退色、チョーキング、小さなひび割れ、汚れ 横向きのひび割れ、塗膜剥がれ、浮き、雨漏れ、内部サビ、壁落下
窯業サイディング 表面の退色、チョーキング、目地シールのひび割れ 目地シールの切断、漏水、素材の反り、割れ、破損
トタン 表面の退色、チョーキング、点サビ 全面サビ、腐食、穴開き、欠落
アルミ等 表面の退色、チョーキング、点サビ 全面腐食、穴開き

屋根の場合

  表面の保護で耐久性が向上
(塗り替え 適齢期)
素材や下地の修繕が必要
(改修 過労期)
カラーベスト 表面の退色、チョーキング、小さなひび割れ、藻の付着 剥がれ、割れ、反り、雨漏れ
アスファルトシングル 表面の退色、付着石の脱落 表面剥がれ、割れ、反り、雨漏れ
トタン 表面の退色、チョーキング、点サビ 全面サビ、腐食、穴開き、欠落
セメント瓦 表面の退色、チョーキング、点サビ 全面腐食、穴開き
釉薬瓦、いぶし瓦 割れ、ずれ、面土の落下
原則塗装不可
極度のずれ、雨漏り
モニエル瓦 表面スラリー劣化、藻の付着 極度のずれ、雨漏り

付帯物の場合

  表面の保護で耐久性が向上
(塗り替え 適齢期)
素材や下地の修繕が必要
(改修 過労期)
塩ビ 樋 表面の退色、チョーキング 割れ、反り、排水不良、雨漏れ
物干し鉄骨 表面の退色、チョーキング、点サビ 全面サビ、腐食、穴開き、欠落
波板、床デッキ 塗装不可 表面のケバ、割れ、反り
木製破風、鼻隠し 表面の退色、チョーキング、荒れ、ささくれ 割れ、腐食、穴開き、欠落
ウッドデッキ 表面の退色、チョーキング、荒れ、ささくれ 割れ、腐食、穴開き、欠落

塗り替え時期の目安(総括)

劣化の補修時期が 早すぎると 掛ける費用がもったいないですし、 遅すぎると、素材の補修が必要になり、塗料の塗り替えだけでは不可能になります。 なので適正な時期に改修することが大切です。

素材や表面状態、塗膜によって劣化の速度はさまざまですが、一般的に言えるのは工場などで、速く作られた物、出来上がった物は早く、時間をかけて造った物はゆっくり、いたんでいくように思われます。

最近の新建材 (サイディングやカラーベスト) は 表面塗膜がいたむと、すぐに素材まで劣化していきますが、の素材 (白壁やいぶし瓦)等はそのままでも何十年持つ耐久性があります。

早く安くの時代の流れで、軽薄短小がもてはやされてきましたが、これからはエコの観点からも、重厚長大が見直される時代が来ると思います。 日本も海外の住宅なみに、適正に建物をメンテナンスして、100年住宅を目指す時が来ているのではないでしょうか。