工事の流れ

お問い合わせいただいてから塗装までの流れをご説明いたします。
流れについてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

STEP1お問い合わせ

お電話・E メール・FAX などでお問い合せいただきます。
お問い合わせ内容を元にして、お客様のご都合のよい時間帯にお打ち合わせ日程を設定いたします。

STEP2お打ち合わせ

お打ち合わせにて、ご希望の工事内容や範囲をお聞きいたします。お聞きした上で、お客様のご不明点などに対してご提案をさせていただきます。

STEP3お見積り

ご希望の工事内容や範囲をお聞きして、各部ごとの詳細なお見積書を作成いたします。もちろん、お見積もりは無料ですので、お気軽にお問い合せください。
»無料お見積り依頼はこちらから

STEP4ご契約

工事内容を詳しくご説明させていただき、ご納得いただけましたら工事の準備を行います。その際、範囲や仕様、各部の色等について、細部の打ち合わせをいたします。

STEP5近隣へのご挨拶

ホコリや工事の音などで、ご迷惑のかかる可能性のある近隣の方へご挨拶いたします。ご迷惑がかからないように、工事期間、工事の内容をしっかりとご説明して回ります。
(お施主様にもできるだけご同行していただいております)

STEP6着工

準備を整えて作業を開始いたします。
工事中は騒音、ゴミ廃材、塗料の飛散、工事用の車の出入りには気を配るようにしています。

STEP1足場仮設

足場を組んでスムーズに、作業ができるようにします。
屋根塗装がある場合には、洗浄した水が飛ばないように屋根よりも高く組んで、飛散を防止します。
手すりや壁などから、足場控えを取ります。

STEP2シート養生

周辺に塗料が飛散しない様に、足場にシートをかけます。
手すりや壁などから控えを取ります。

STEP3下地清掃

高圧水洗による洗浄で、汚れを落とします。
下地によって適した圧力で、汚れを剥がすように洗います。
(洗浄出来ない場合はブラシ、ダスターなどで汚れを落とします。)

STEP4劣化塗膜除去

下地の浮きを確認し、劣化の著しい部分を除去します。
内部の錆がある場合には、適した錆止めを塗布します。
欠損部は素材に合わせて、樹脂モルタルや外部用パテにて充填します。
ひび割れ部はシーリングが奥に入るようにカットします。

STEP5養生

非塗装部をフィルムやテープでカバーします。
エアコンや湯沸し器は、極力使用出来るようにしますが、注意が必要です。
植木は枯れないように、特に気をつけて、カバーします。

STEP6下地補修

ひび割れ、目地などにコーキング材を注入します。
フィラーにて段差の部分を調整します。
既存のパターン模様に合わせます。

STEP7下塗

塗膜の付着を十分発揮出来るように下地に最適なシーラー、またはフィラーを塗ります。
下塗りの段階からも塗り継ぎや塗り残しに注意して塗って行きます。

STEP8中塗

仕上材を、刷毛、ローラーで塗ります。
各メーカーの規定の塗布量を守ります
(吹付けは極力、周辺飛散や膜厚不足の点から行っていません)

STEP9上塗

仕上材を、刷毛、ローラーで塗ります。
各メーカーの規定の塗布量を守ります
(吹付けは極力、周辺飛散や膜厚不足の点から行っていません)

STEP10養生の撤去

カバーしてあった養生を取り外します。
取り合いのチリを直し、サッシ等の見切りを綺麗に見せるようにします。
塗料の飛散が無いかチェックし、汚れがあれば清掃します。

STEP11各部下地処理

錆や劣化した塗膜は除去し、鉄部には錆止めを塗ります。
(錆に強いエポキシ系の錆止めを標準にしています)

STEP12各部仕上塗

素材に合わせて各塗料を色ごとに塗り分けます。
各メーカーの規定の塗布量、塗り回数を守ります。

STEP13検査確認

塗り残し、傷、汚れが無いか検査して補修します。

STEP14足場の解体

足場を撤去します。少し音がでます。

STEP15清掃作業 お引き渡し

周辺の清掃はもちろんのこと、ゴミ処理もします。

以上の工程で塗替が終了します。
工事期間は、通常一般の住宅で 10日~15日程度です。

※ご注意

  • 下地の状態によっては、工程順序の変更や除外をする場合があります。
  • 工事の日程は、天候や建物の規模で、日数は変わることがあります。
  • 工事に使用する電気、水道は貸与をお願いいたします。

※施工後 アフター

  • 施工完了後、不備が無いかなど、確認をさせて頂きます。
  • 塗料や仕様により、工事保証書を発行させて頂きます (最長10年)。
  • 随時撮影した施工中の状況を、工事写真集としてお渡しします。
  • 施工中のご感想、ご不満を、アンケートにして頂いております。

「工事完了後からが、本当のお付き合いの始まりと考えています」